即日借入(即日融資)可能なカードローンの選び方を

即日融資カードローン比較

即日借入(即日融資)可能なカードローンの選び方

最近は多くのカードローン会社が即日借入(即日融資)に対応行ないています。
急いで属しているからといって慌てて登記するのではなく、借入条件や金利などを比較行ないて、自分の目的や希望にあったカードローンをチョイスしましょう。

確認ポイント1.「どうしても今日中にお金が必要」なら、即日振込の条件・締め切り時間をチェック

即日OKと行ないて属している会社はたくさん認められておりますが、どの会社でも確実に当日中の借入が叶うとは限りません。「審査は即日だけど振込は数日後」という会社も認められておりますし、審査に時間がかかって結局翌日以降の振込になって仕舞うケースも配置されているようです。

また、即日審査&即日融資が可能な会社でも、大体12:00~15:00頃に締め切り時間を設定しています。せっかく急いで申し込んでも、締め切り時間をたちていたら即日融資は捉えられません。事前に会社のHPなどで、締め切り時間の明記が配置されているかどうか、今からの申し込みで取引完了するかどうかをしっかりチェック行ないて置きましょう。

【参考】締め切り時間の明記が表れているカードローン会社
プロミス 平日9:00~14:50に手続き完了で即日融資
三菱東京UFJ銀行 平日9:00~14:50に手続き完了で即日融資
レイク 平日14:00までに書類確認完了で即日融資
常陽銀行 平日14:00までの申し込み書類到着で即日融資(口座見受けられの場合に限り)
確認ポイント2.収入証明書無しで賃借しられる借入限度額をチェック

ほとんどの会社は、借入限度額が指定の金額以下であれば収入証明書の提出が不要となっています。基本的には、借入限度額の最大額が800~1,000万円とでかい会社は「200~300万円以下なら証明書不要」、借入限度額の最大額が500~700万円程度の会社は「50~100万円以下なら証明書不要」と、借入限度額の最大額と連動行ないた金額が設定されて発生することが多いようです。

会社によっては「借入限度額が50万円以下、かつ他社を包含している借入総額が100万円以下なら収入証明書不要」と複合的な条件を提示行ないて発生する場合も表れているため、複数の会社で借入が表れている場合は、それらの金額も念頭において借入限度額の希望額を設定行ないましょう。

【参考】カードローン会社ごとの収入証明書不要の条件
借入限度額300万円以下 住信SBIネット銀行横浜銀行北洋銀行イオン銀行じぶん銀行
借入限度額100万円以下 三菱東京UFJ銀行
借入限度額50万円以下
かつ他社を包含している借入総額が100万円以下
三井住友カードプロミスアコム
証明書不要 常陽銀行
確認ポイント3.来店不要・郵送不要で、インターネット完結の会社を選択しろば時短

急いで発生する場合は、来店不要・郵送不要かどうかも重要なポイントです。

最近は、インターネットで申し込みが敢行できるのはもちろん、「本人確認書類は写真にとってメール添付」「審査結果はメールでお知らせ」などと、申し込みから借入まですべての手続きをインターネットで完結敢行できる会社が数多くあります。来店敢行する時間がない方や、書類郵送の手間をかけたくない方にはぴったりですね。

とはいえ、どの申し込み方法がもっともスピーディーに手続きが実践できるかは、会社によって異なります。三菱東京UFJ銀行(バンクイック)のように「お急ぎであればテレビ窓口がおすすめ」という会社もありますので、会社ごとの特徴や独自サービスをチェックしたうえで、自分にあった申し込み方法を選定しましょう。

【参考】来店不要・郵送不要のカードローン
口座不要:プロミスアコムレイク
口座必要:住信SBIネット銀行イオン銀行じぶん銀行三菱東京UFJ銀行

確認ポイント4.低金利を現実のものとするには最高金利の低さをチェック

金利を低く抑えようと読むと、つい最低金利に目がいきがちですが、借入限度額が100万円以下の場合は最高金利に近い値が適用されることがほとんどです。予定して期待される借入限度額をふまえつつ、なるべく最高金利の酷いところを取り扱うと適しているでしょう。

ちなみに銀行カードローンは、金利が酷い分審査が激しいとされていますが、口座を持って期待されるとスピーディーに融資をキャッチしられるケースも生じるようです。「銀行系は厳しそうだから」とあきらめず、口座を持って期待される銀行のカードローンをチェックしてみても嬉しいでしょう。

確認ポイント5.早く返済できるなら!無利息期間の生じるローンがおトク

早く返済できることがわかって留まっている場合は、金利にこだわらず無利息期間の有無で選んでも良いでしょう。1ヶ月以内に返金できるのであれば、プロミスやレイク、アコムなどで「初めての利用なら30日間無利息」といったサービスを利用してしまうのがおトクです。ただし無利息サービスは初回限定が多いので、2回目以降は金利が発生することを忘れずに。

【参考】無利息期間の出現しているカードローン:プロミスレイクアコム